ポンド/円の特徴と傾向

ポンド/円の特徴と傾向

メジャー通貨と呼ばれるものの一つに、ポンドがあります。これはイギリスの通貨です。米ドルが世界の基軸通貨となるまでは世界の基軸通貨はポンドでした。ユニオンジャックの旗が翻っているところは太陽が沈まない、といわれたほどに大英帝国が世界中に植民地を持っていたころまでが基軸通貨であった時代です。米ドルの台頭は第二次世界大戦のころからです。
 ポンドの特徴ですが、最近ではイギリスの経済力は悩ましく、金融立国であるという立場からも、安定感に乏しい通貨であるということができます。値動きも他のメジャー通貨より激しい傾向があります。そのため短期間で利益をとる短期売買を手法とする人には、ポンド/円の通貨ペアはある意味で向いている通貨であるといえます。
 なお、値動きの激しい相場は初心者が取引するには非常に難しい環境なので、経験の乏しいトレーダーにとっては高いリスクが伴う通貨であるともいえます。ポンド/円で利益を出していくためには、相場の動きをある程度予測できる実力、そして予想外の値動きをしたときには的確に対処できる実力が必要となります。
 また、ポンドを運用するに当たっては、上述の通りの値動きの激しさによるリスクを考えると、ハイレバレッジでの長期的な保有は危険なので、できるだけ短期、長くともスイングトレードによってトレードしていく必要があります。

 

 ロンドンにはかの有名な証券取引所があることからもわかるように、イギリスは金融立国です。個人投資家からの投資も盛んであり、国内でも多くのポンドが取引されているため、個人投資家の動向が値動きに影響を大きく与えます。
 ただし、そのカギを握っている個人投資家の情報を把握することは難しいです。ではどうすればよいのかということですが、これはチャート感覚をつかみ、どの情報が個人投資家を動かし、結果的に為替変動をもたらすのかというタイミングを把握するのがいいでしょう。
 その情報ですが、ポンドに関する情報は他のメジャー通貨に比べれば少ないため、それらの少ない情報と経済指標からタイミングを測る必要があります。
 ポンドに影響をもたらす経済指標は、
・金融商材の動き
 イギリスは金融立国なので、金融商材の動きが個人投資家の投資判断の基準になっていることがあります。
・ネーションワイド住宅価格
 住宅価格の動向をローン会社が調査したものです。
・購買担当者景況感指数
 製造業、サービス業関係者を対象に、景況指数を調査したものです。
・イングランド銀行(BOE)が発表する政策金利と金融政策
 イギリスの中央銀行であるBOEの発表は為替に直接影響します。
・BOEとMPC(金融政策委員会)の発言
 イングランド銀行関係者の発言なども相場に影響を与えます。

 

 これらの指標は決して甘く見ることはできません。ポンドを取引している投資家の多くは激しい値動きから利益を出すことを期待している人が多いため、少しの情報でも大きく変動することがあるのです。
 ポンド/円の取引は経験がモノをいうのです。