NZドル/円の特徴と傾向

NZドル/円の特徴と傾向

NZドル/円は通貨ペアとしてはマイナーという印象を受けるかもしれません。投資家の間ではニュージーランドの特産物がキウイであることにちなんでNZドルのことをキウイと呼んでおり、そのことからNZドル/円の通貨ペアを「キウイ円」と呼ぶこともあります。
 NZドルの特徴は豪ドルと並ぶ高金利通貨ということです。これは、ニュージーランドは国の金融政策によって外貨の受け入れに積極的であるため、それを狙っての高金利となっているのです。したがって、安定的に高い金利を打ち出して外貨を呼び込んでいます。これは投資家にとっても利益の大きいことであり、NZドル/円を好んで運用する投資家もいます。
 注意すべきはNZドル高が急激に進むと、ニュージーランド中央銀行がNZドル売り介入を行い、それによって急落する可能性があるということです。NZドル/円をスワップトレードしているときにあまりにも好調であるときには、ある程度のポイントで為替差益を取って手じまったほうがよいこともあるということです。
 そのほかの特徴を挙げるならば、まずニュージーランドの経済や政治、金融に関する情報はあまり日本に入ってこないということです。これはニュージーランドのニュースに需要がないことと、日本時間では早朝に当たる時間にオセアニア市場が活発になりますが、その時には情報配信元がまだ営業を行っていないことも理由となっています。
 また、NZドル/円はコモディティー価格と連動する傾向があります。これはニュージーランドの最大の取引相手が資源国であるオーストラリアであることが原因となっています。
 そのほか、サブプライム問題以降、オーストラリアは一時的に経済が落ち込み、それに伴ってニュージーランドの経済も低迷しました。しかし最近ではオーストラリアの景気も回復してきており、それにともなってニュージーランドも景気回復が進んでいます。

 

 同時に、NZドルの注意点も把握しておく必要があります。
 ニュージーランドはオーストラリアと非常に密接であり、豪ドルの値動きはNZドルの値動きに大きな影響を与えます。このことから、ニュージーランドも資源国であると錯覚する人もいますが、実際のところはニュージーランドの主要な産業は畜産、酪農、林業であり、農作物が輸出の3割を占めています。資源といえば、たしかに金があるのですが、決して豊富に産出しているわけではなく、資源国とは言えません。したがって、資源の価格変動を受けるのはあくまでオーストラリアを通した間接的な影響であって、直接的影響を受けるものと思って取引の判断に用いるのは誤りのもとです。
 そして、NZドルは先進国通貨ですが、取引量は少ないです。そのため、値動きは大きくなりやすいです。一方的な値動きをしたときには大きな損失となるのでそのリスクは認識しておきましょう。