米ドル/円の特徴と傾向

米ドル/円の特徴と傾向

米ドルの特徴としてまず挙げられるのは、世界最大の基軸通貨であるということです。ドルの供給量は12兆ドルにものぼり、全世界でドルが流通しています。
 ドルが高い時には、世の中がドルをほしがっている状況であり、反対にドルが低い時には、世の中が決済方法としてドルを必要としていないということになります。すなわち、ドルの価値を定める基準として、ドルが世界から求められていることが必要となり、基軸通貨である以上は信用を保ち続ける必要があるということです。

 

 米ドル/円をトレードしていくにあたっては、ドルに対する信用不安、アメリカの政治や経済状況について注意深く観察していく必要があります。FBRだけがドルを発行する権限を持っており、これらの情報はドルの価値を左右する直接的な要因となります。
 そのための情報として、経済指標には注意しておきたいものです。経済指標には様々なものがありますが、なかでも特に需要なものは
・米国非農業部門雇用者数(雇用統計)
・米国失業率
・米国GDP
・米国FOMCの発表
です。このほかにも経済指標はたくさんあり、細かいものまで合わせれば特定の経済指標の先行指標になるものなど、実に様々です。投資においては情報は武器となりますので、これらの情報はたくさん知っておくにこしたことはありません。
 この中でも、さらに注意をすべきものを挙げるならば、労働省が毎月第1金曜日に発表する、雇用統計の失業率と非農業部門雇用者数です。これはアメリカの雇用に関する情報であり、先月の発表と比べてどれくらい動いたかということが重要になります。したがって、統計が高水準であるか、低水準であるかということはそれほど重要ではありません。
 また、経済指標を発表する前には情報機関や金融機関があらかじめ予測を発表します。その予測とくらべて実際の動きがどうであったかということも、為替変動の大きな要素となります。

 

 これに加えてFOMCの発表やFRBの動向も米ドルの変動に大きな影響を与えます。FRBはアメリカの中央銀行に当たるFRBの理事と、連邦準備銀行の地区別の総裁が集まって開く会議がFOMCです。FOMCは年間8回開催されており、ドルの調整を行っています。
 これが米ドルの変動に大きく影響するため、定期的に開催されるときにはもちろん注目しておくべきです。ただし、何らかの要因(またはそれを原因としたFRB議長の発言など)によっては突発的に動くことがあります。アメリカ国内のニュースを注意深く観察し、突発テクFOMCも見逃さないようにする必要があります。