FXをしていると自信と成績がなぜか反比例の結果に

FXをしていると自信と成績がなぜか反比例の結果に

FXを続けてきた経験から感じることは、チャートを見ていてこの瞬間に取引したら絶対勝てそうだという強い自信があるときに限って、原因はわからないですが負けトレードになってしまうことが多いように思います。
そういうことがたまたま続いて収支が急激に悪化したことも以前はあったから、もう最近ではチャートからパッと何かをひらめいて取引せずにはいられないような気分になったときは、ポジションを持ちたい心をなんとか自制して見送ることで難を逃れている感じです。

 

そのままチャートを見続けていると不思議なことに、もしもエントリーしていたら大きな損失になっていたとヒヤヒヤする値動きだったりする場面ばかりなので、自信のあるときほど注意力が落ちて何か大事なことを見失っているのかもしれません。
逆に自信がなくて普段の半分程度の枚数で様子見エントリーしたら、なぜかそれが大きい含み益のポジションに育ってしまい最初から全力の枚数で勝負していたら良かったなどと後悔することもあるので、思い通りにいかないFXの難しさを痛感しています。

 

歴史に名を残すくらい有名なトレーダーだと、他の多くの人がうろたえて荒々しい相場をただ眺めているときにリスクを覚悟で仕掛けて大きなリターンを得たというエピソードがあるのが大体共通していますし、リスクを感じるときのほうが逆に資産を増やす絶好のチャンスなのかもしれないです。
そういう事例が数多くあるから、私も休日でFXができないときには止まっているチャートを見ながらトレンド相場で値を更新したときにリスクを選んで取引しようと自分に活をいれるのですが、実際の相場を目にすると手が震えてしまってトレンド相場でフルに利益を取れていません。

 

いきなりそうやって難しい手法にチャレンジするのはやっぱり私には無理そうなので、ここでエントリーしたら絶対に成功するという安易な期待をすることを抑えることから始めて、そのうちリスクと引き換えに上手く稼げるようなFXができるようになりたいです。