南アフリカランド/円の特徴と傾向

南アフリカランド/円の特徴と傾向

南アフリカランドを取引する人は、多くの場合高金利から得られるスワップポイントを目的にしています。これは、以前は南アフリカランドは同じ資源国通貨であるオーストラリアと同じように、経済発展のために外貨を必要として、金利を高く設定していたのです。
 今では金利は低くなっており、国の経済は安定していません。国家自体が発展途上国であり、物価の動向や失業率も安定していません。そして取引通貨量も少ないです。さらには南アフリカに関するニュースはほとんど入ってくることがないため、相場の検討がつきにくいのです。それほど高金利でもなくなり、値動きは時に激しく、しかもそれを予測するのが難しいとなれば、非常にリスクが高い通貨であるといわざるを得ません。

 

 もし南アフリカランド/円の取引をするならば、南アフリカランドの変動要因と値動きの傾向を知っておく必要があります。
 南アフリカランドは、資源国通貨です。ほかの資源国にはオーストラリア、カナダ、ブラジルなどがありますが、それと同様に資源の価値が国の経済に大きな影響を与え、為替相場も資源の相場価値に左右されるということです。南アフリカは金・ダイヤモンド・プラチナのといった鉱物資源の採掘量が豊富であり、これらが盛んに輸出されているため、鉱物資源の価値が相場を左右します。
 また、注意したいのはアフリカ大陸の国であるということです。アフリカ大陸の国々はいまだに紛争や貧困などといった問題が絶えず、南アフリカの隣国の政治的不安や他国の紛争、難民の流入などといった問題がいつ起こるかわかりません。そして通貨取引量が少ないため、個人投資家の影響も大きいということも覚えておきましょう。
 南アフリカランドが影響を受ける経済指標には
・金相場→これは特にNYとロンドンの金相場に注目する必要があります。
・南アフリカ準備銀行が発表する政策金利→南アフリカランドは上述の通り政治的にも経済的にも非常に不安定であるため、事前に金利政策の予想を立て利ことは難しいです。市場の予想とは違う政策が発表されることもあり、その際には大きな変動が起きます。
・治安と政治
 隣国の紛争や移民の流入などは国の情勢に大きな影響をもたらします。
・個人投資家の動向
 高金利の国が政策金利を発表した際や為替変動が大きくなった時には、個人投資家が動くことによって相場の変動に拍車がかかることがあります。

 

 南アフリカランドに投資する投資家の多くはスワップポイントで稼ぐことを考えていますが、政治的・経済的に不安定でリスクが高いことを考えるならば、ハイレバレッジで中長期にわたってポジションを保持するというのは非常に危険な取引であるともいえます。